紫外線対策①日焼け止めとは?|大阪市の堀江にある美容鍼灸・妊活鍼灸・産後骨盤調整をお探しの方は、VIVACE鍼灸院

大阪市の美容鍼灸 美容鍼灸サロンVIVACE

大阪市の美容鍼灸 美容鍼灸サロンVIVACE

0665639877

お問い合わせ

LINE

0665639877

受付時間 11:00~20:00
定休日  日曜(不定休)・祝日

スタッフコラム

お客様の声

お問い合わせ

アクセス

ご予約・お問い合わせ

アクセス

紫外線対策①日焼け止めとは?

皆さんは、ご存知ですか。

実は、夏より5月から夏にかけて紫外線が強いということを。

暑さからすると真夏の紫外線が強そうですが、紫外線のうちシミやシワなど肌老化に関わる太陽からのUV -A光線がピークになるのはからなのです。

 

 

皆さんも、夏になるにしたがって、日焼け止めを塗るようになると思いますが実は、日焼け止めは、年中欠かせないのです。

紫外線対策として「紫外線対策①日焼け止めとは?」「紫外線対策②美容鍼灸が良い理由は?」2部に分けてお伝え致します。

 

そもそも、日焼けって?

 

夏になると1度や2度、年に1回くらい肌が赤くなったり、ヒリヒリ、ピリピリしたことはありませんか。

それをサンバーンといいます。サン(太陽)バーン(火傷)日焼けは簡単にいうと一種の軽い火傷と同じです。

人間の体の防御反応として、紫外線が肌に当たると、茶色の色素であるメラニンが分泌され、皮膚の表面に沈着し、肌色が濃くなります。

沈着したメラニンは、紫外線が皮膚組織の内部へ入っていくのを防ぐ機能を持っています。メラニンの分泌量は人種や個人によって異なります。

簡単にいうなら、日焼けに弱い白人さん、日焼けに強い黒人さん、その間の黄色人種さん、それぞれ分泌量が違います。

そして黄色人種である私たち日本人でも人それぞれであり、個人差があります。

一般に、生まれつきメラニン色素が多く肌色が濃い人は、薄い人に比べて日焼けしにくいと言われています。

 

日焼け止めの3つのタイプ

 

日焼け止めには、大まかに3つのタイプがあります。

①   紫外線を散乱するタイプ

紫外線散乱剤は、塗ったときに白くなるのがこのタイプで、白い色は食品添加物などにも使われる酸化チタンや酸化亜鉛など、鉱物由来の成分です。

紫外線を散乱・反射させ、肌表面に当たらないようにします。吸収させるタイプに比べて肌への負担が軽いため、敏感肌の人や、毎日の使用に向いています。

 

②   紫外線を吸収するタイプ

このタイプに使われている紫外線吸収剤は、「メトキシケイヒ酸オクチル」「アボベンゾン」「ホモサラート」などの化学合成成分です。

これらの成分は、吸収した紫外線を熱や赤外線など別のエネルギーに変化し、放出する性質を持っています。

一般的なアメリカの日焼け止め製品はこのタイプです。散乱するタイプよりもさらりとしたテクスチャーです。

 

③   散乱と吸収の両方で日焼けを防ぐタイプ

日本の日焼け止め製品では、このタイプが一般的です。

紫外線を吸収するタイプのものは、化学変化を起こし続けて日焼けを防止するため、時間が経つに比例して効果が弱まっていきます。

散乱するタイプも汗などで落ちていくので、2、3時間ごとに塗り直すのが理想です。

日焼け止めだけでは十分でないと感じる時は、サングラスや日傘、アームカバーなどを併用するとよいでしょう。

しっかりとした紫外線対策は、日焼けを防ぐだけでなく、日光を長時間浴びることで起こる体全体の疲労を防ぐこともできます。

 

 

SPFPAとは?

日焼け止めクリーム、ローションのパッケージに書かれている「SPF」と「PA」は、紫外線を遮断する効果の度合いを示す数値です。

 

 

SPF」はSun Protection Factorの略で、黒い日焼けの原因となるB派の遮断率を示しています。

日焼け止めのパッケージに「SPF 50」と書かれていた場合、日焼け止めを塗らないときに比べて、皮膚への紫外線の吸収率が1/50になります。

PA」は Protection of UV-A の略で、赤い日焼けの原因となるA波の遮断率を示しています。

日本の日焼け止め製品の場合、PAの後に「+」が付いていることが多いですが、これには「+」から「++++」までの4段階があり、+が多いほどA波遮断率が高いということを示しています。

 

上記のイラストにも示したように、1番気を付けないといけないのは真皮層まで届く「PAUV-Aです。

真皮層には新しい細胞を作る成分が沢山あり、その真皮層を傷つけられてしまうと新しい細胞が生み出せず放っておくとシワやシミになります。

 

紫外線の強い夏日は、洗濯物を干すだけでも、小さなお子さんをお見送りに行くだけでも、近くのスーパーにお買い物に行くだけでも、帽子や日傘、アームカバーなどしっかりしたと紫外線対策を行って下さい。お肌がシワシワになってしまいますよ。どうぞお気を付け下さいませ。

 

次回は、真皮層まで達してしまったお肌におススメの美容法をお伝えします。

こちらをクリック⇒ 「紫外線対策②美容鍼灸が良い理由は?」

最後までお読み頂いてありがとうございます。

 

ご予約は、↓こちらをクリック↓

 

 

大阪堀江にある美容鍼灸、VIVACE(ヴィヴァーチェ)鍼灸院【完全予約制】

鍼灸師・柔道整復師 ~国家資格有~

営業時間、11:00 ~ 20:00

定休日、祝日・日曜(不定)

所有地、大阪市西区南堀江2-13-30 サンイーストビル704

アクセス、地下鉄『四ツ橋駅』⑥出口から徒歩6分、『西大橋駅』③出口から徒歩6分、『西長堀駅』⑥出口から徒歩8分、

詳しくは、↓こちらをクリック↓

pagetop